日本クラリネットコンクール(4年毎)

日本のクラリネット演奏向上の大きな力となっているコンクールです。第1回コンクールを1984年に開催、現在までに6回開催(4年に1回)しています。参加者は毎回150名を超えており、各回の入賞者はじめ参加者の中からは、ソリスト、オーケストラプレイヤーなど、演奏家として国内外の第一線で活躍しています。

 

ヤング・クラリネッティストコンクール(2年毎)

20歳以下の若いクラリネット奏者を対象としたコンクール。次世代を担う奏者の演奏技術、音楽性を育む事を目的に、1999年より2年毎に開催しています。

 

クラリネット・アンサンブルコンクール(毎年)

クラリネットのアンサンブルの楽しさを通じ、豊かな音楽性と音楽の基本及び技術の向上をはかることを目的として、2004年より毎年開催しています。